次回の選挙から、市議会議員の定数は「24人」に

 これまでの8選挙区から「大選挙区」に 

 平成22年9月15日(水)の定例会本会議において、南砺市の議会議員の定数を「24人」とする条例が提案され、賛成多数で可決されました。

 採決は、議長を除く27人の記名投票で行い、投票の結果、賛成16票、反対11票の賛成多数で可決となりました。

 これにより、次回の一般選挙(平成24年11月執行)から、現在30人の議員定数は、24人となり、また、現在の議員は、旧町村の8つの区域ごとに定数を定めていましたが、次回からは、南砺市を一つの選挙区として選出することになります。