議長・副議長の紹介

  ようこそ 南砺市議会ホームページへ

   

        さかき まさと

    議長  榊 祐人

         はすぬま こういち

    副議長  蓮沼 晃一

 

◆議長あいさつ◆

    

 

 先般の改選後の11月会議において、議員各位のご理解のもと、議長に就任することになりました。大変、光栄に存じるとともに、その職責の重さに身の引き締まる思いをしております。

 もとより、その様な器ではないと自らが自覚をしておりますが、皆さまの負託に応えられるよう市の発展と住民福祉の向上に、誠心誠意努めてまいりたいと考えております。

 当市では、以前から少子高齢化が大きな課題でありました。年間700人程度の人口減少が続き、市の人口は5万人を割り込んでしまいました。また、1年間で産まれる子どもは、250人を下回りそうな状況であります。

 その様な状況に加え、新型コロナウィルスが第3波の拡大基調にあり、市内経済の衰退傾向を如何に回復させるかが課題として重く圧し掛かっております。

 少子高齢化やコロナ禍だけでなく多くの課題がありますが、住民福祉の向上に向け、二元代表制の一翼を担う議会として、その職責を果たせるよう議会人として努力してまいる所存であります。

 折しも、当市議会は通年議会に移行し、その時々の課題に即応できる体制を整えました。事業評価を通じた決算審査や、その結果を踏まえた予算審査を行うこととしておりますが、議会改革はまだまだ途上だと考えております。

 更なる議会改革を進めながら、子や孫の世代にツケを回さず、如何に素晴らしい「南砺市」を残していけるかを突き詰めながら、職責を全うしてまいりたいと考えております。

 また、市民に開かれた議会として、会議の模様をインターネット中継や録画により公開しておりますし、コロナ禍のなかでも、議会報告会を可能な限り開催したいと考えておりますので、あらゆる機会を捉え、皆さまのご意見やご要望をお聞かせいただければ幸いです。

 改めて、皆さまのご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げご挨拶といたします。

 

 令和2年12月   南砺市議会議長 榊 祐人