南砺市議会基本条例を見直しました

 南砺市議会では、

 市民の多様な意見を的確に反映する議会活動を通じ、市民の皆さまの負託にこたえるため、議会基本条例を制定しています。

 議会基本条例には、議会及び議員の活動原則など議会に関する基本事項を定め、議会の役割及び責務を明らかにしています。

 

 令和4年7月から、南砺市議会基本条例の各条、項ごとに評価を行い、課題を抽出し検証結果を取りまとめました。以下のとおり検証結果をお知らせします。また、検証結果を踏まえて、今後、議会の活性化に関して取り組むべき事項は次のとおりです。

 

《議会基本条例の検証結果について》 

 (1)議会基本条例 検証結果報告書

 (2)議会の活性化に関して取り組むべき事項

    〇1年以内に実現を目指す

     ①議会選出監査委員の是非について

     ②長期欠席時の報酬減額規定の制定

     ③議会図書室のデジタル化

 

    〇1年以内に検討をしていく

     ①議員定数の検証

     ②議会報告会参加者の拡大(女性・若者)

     ③SNS等の新たな広報手段の研究 

 

    ※検証の結果、議会基本条例については、

     条文の追加・改正を行いましたのでご覧ください。

     南砺市議会基本条例(見え消し)

     新旧対照表

 

 

 

 

通年会期制の導入・常任委員会の名称変更[令和2年11月から]

 議会改革特別委員会では、議会機能を充実・強化し、緊急かつ不測の事態に対し、迅速な審議決定ができる議会運営体制の整備に向けて、議会のあり方を協議してきました。

 その結果、議会の通年会期制を導入し、定例会の回数を、これまでの年4回(3月、6月、9月、12月)から通年の1回とします。これは、次期改選後の令和2年11月から施行されます。

 また、次期改選で議員定数が20人から18人になることから、常任委員会の委員会数や委員の人数、委員会名称、委員会所管事項等について協議をしてきました。

 その結果、常任委員会数は3常任委員会、委員数をそれぞれ6人とし、委員会の所管事項を勘案し、一部所管替えを行い、それに伴う委員会の名称を、

 ・総務企画常任委員会(委員数6人)

 ・市民経済常任委員会(委員数6人)

 ・民生文教常任委員会(委員数6人)

とします。(令和2年9月定例会議員提出議案可決)

議会基本条例の一部改正【政策検討会議の設置】[令和2年6月]

 政策検討会議の設置規定を追加し、議会基本条例を一部改正しました。[令和2年6月定例会]

 市政の課題に関し、これまでの議会機能に加え、市政への積極的な条例提案や政策提言づくりを目指し、議会の政策形成機能力を高めることで、議会がさらに市民の負託に応えるため、政策の提言、条例の制定等に向けた政策検討会議の設置規定を追加しました。

 第11条(政策検討会議の設置)を追加

次回の選挙から、市議会議員の定数は「18人」に【令和2年11月執行】

令和元年12月18日(水)の定例会本会議において、南砺市の議会議員の定数を「18人」とする条例が提案され、賛成多数で可決されました。
 これにより、次回の一般選挙(令和2年11月執行予定)から、現在20人の議員定数は、18人となります。

【南砺市議会の議員定数削減の取り組み】
 ●平成16年11月選挙  議員定数34人(8選挙区で実施)
   旧8町村の議員数合計91人から合併特例を適用し34人とする。
 ●平成20年11月選挙  議員定数30人(8選挙区で実施)
   平成20年3月定例会において条例改正
   平成16年4月3日調印の合併協定書どおり旧村部の定数を1人ずつ削減する。
 ●平成24年11月選挙  議員定数24人(大選挙区)
   平成22年9月定例会において条例改正
   議員定数を6人削減して24人とし、これまでの中選挙区制(8選挙区)から

   市全域を一つの選挙区とする大選挙区制となる。
 ●平成28年11月選挙  議員定数20人
   平成26年12月定例会において条例改正

   議員定数を4人削減して20人とする。

 ●令和2年11月選挙  議員定数18人

   令和元年12月定例会において条例改正

   議員定数を2人削減して18人とする。

 

市議会に関する市民アンケート調査結果

 市議会の活動が市民にどのように見えているかを把握するため、令和元年7月に「市議会に関する市民アンケート調査」を実施しました。多くのみなさまからご回答をいただき、ありがとうございました。

 アンケートの集計結果がまとまりましたので、公表します。

 寄せられた貴重なご意見は、今後の議会改革などに生かしていきたいと考えています。

 

調査方法

・無作為抽出した18歳以上の市民1500人への郵送

・行政センターなどの公共施設にアンケート用紙の配置

回答期限  令和元年8月10日(土)
回収状況

 572人から回答、回答率は38.1%

調査結果

 南砺市議会に関する市民アンケート調査結果(PDF)