通年会期制の導入・常任委員会の名称変更[令和2年11月から]

 議会改革特別委員会では、議会機能を充実・強化し、緊急かつ不測の事態に対し、迅速な審議決定ができる議会運営体制の整備に向けて、議会のあり方を協議してきました。

 その結果、議会の通年会期制を導入し、定例会の回数を、これまでの年4回(3月、6月、9月、12月)から通年の1回とします。これは、次期改選後の令和2年11月から施行されます。

 また、次期改選で議員定数が20人から18人になることから、常任委員会の委員会数や委員の人数、委員会名称、委員会所管事項等について協議をしてきました。

 その結果、常任委員会数は3常任委員会、委員数をそれぞれ6人とし、委員会の所管事項を勘案し、一部所管替えを行い、それに伴う委員会の名称を、

 ・総務企画常任委員会(委員数6人)

 ・市民経済常任委員会(委員数6人)

 ・民生文教常任委員会(委員数6人)

とします。(令和2年9月定例会議員提出議案可決)

議会基本条例の一部改正【政策検討会議の設置】[令和2年6月]

 政策検討会議の設置規定を追加し、議会基本条例を一部改正しました。[令和2年6月定例会]

 市政の課題に関し、これまでの議会機能に加え、市政への積極的な条例提案や政策提言づくりを目指し、議会の政策形成機能力を高めることで、議会がさらに市民の負託に応えるため、政策の提言、条例の制定等に向けた政策検討会議の設置規定を追加しました。

 第11条(政策検討会議の設置)を追加

次回の選挙から、市議会議員の定数は「18人」に【令和2年11月執行】

令和元年12月18日(水)の定例会本会議において、南砺市の議会議員の定数を「18人」とする条例が提案され、賛成多数で可決されました。
 これにより、次回の一般選挙(令和2年11月執行予定)から、現在20人の議員定数は、18人となります。

【南砺市議会の議員定数削減の取り組み】
 ●平成16年11月選挙  議員定数34人(8選挙区で実施)
   旧8町村の議員数合計91人から合併特例を適用し34人とする。
 ●平成20年11月選挙  議員定数30人(8選挙区で実施)
   平成20年3月定例会において条例改正
   平成16年4月3日調印の合併協定書どおり旧村部の定数を1人ずつ削減する。
 ●平成24年11月選挙  議員定数24人(大選挙区)
   平成22年9月定例会において条例改正
   議員定数を6人削減して24人とし、これまでの中選挙区制(8選挙区)から

   市全域を一つの選挙区とする大選挙区制となる。
 ●平成28年11月選挙  議員定数20人
   平成26年12月定例会において条例改正

   議員定数を4人削減して20人とする。

 ●令和2年11月選挙  議員定数18人

   令和元年12月定例会において条例改正

   議員定数を2人削減して18人とする。

 

市議会に関する市民アンケート調査結果

 市議会の活動が市民にどのように見えているかを把握するため、令和元年7月に「市議会に関する市民アンケート調査」を実施しました。多くのみなさまからご回答をいただき、ありがとうございました。

 アンケートの集計結果がまとまりましたので、公表します。

 寄せられた貴重なご意見は、今後の議会改革などに生かしていきたいと考えています。

 

調査方法

・無作為抽出した18歳以上の市民1500人への郵送

・行政センターなどの公共施設にアンケート用紙の配置

回答期限  令和元年8月10日(土)
回収状況

 572人から回答、回答率は38.1%

調査結果

 南砺市議会に関する市民アンケート調査結果(PDF)

 

 

市議会に関する市民アンケート調査 ※終了

 市議会では、平成26年4月の議会基本条例施行後、様々な議会改革を進めてきました。

 この度、市議会の活動が、市民の皆さまにどのように見えているのかを把握するため、アンケート調査を実施します。

 調査の方法は次のとおりです。

調査方法

・無作為抽出した18歳以上の市民1500人への郵送

・行政センターなどの公共施設にアンケート用紙の配置

回答期限  令和元年8月10日(土)
回答方法

・同封の返信用封筒で投函

・お近くの行政センターに提出

 調査結果や寄せられたご意見は、今後の議会改革の推進及び議会活性化のための参考にさせていただきます。皆さまのご協力をお願いします。